下水道切替工事はお済みですか?

公共下水道の整備されていないお宅の生活排水
(浄化槽・台所・お風呂・洗面・洗濯など)は屋外に排出されています。

下水切替工事とは、公共下水の整備に伴い、それらの生活排水を
下水道本管につなげて排水できるようにする工事のことをいいます。
(汲取式トイレを水洗トイレに替える)

お住まいに公共下水が整備されますと下水道法により3年以内に
下水切替工事が義務付けられています。

下水切替工事のメリット

  • 汲取り式トイレから水洗トイレに替えられるため、お子様からご年配の方まで安心してお使い頂けます。
  • 便器・浄化槽を撤去するため、ハエや蚊の発生が無くなり、伝染病の予防や事故等を回避でき、衛生的で快適な生活環境が得られます。
  • 定期的な便層の汲取りや浄化槽のメンテナンスから開放されます。
  • 生活排水が屋外に流れることなく公共下水道を経由して下水処理場に集められ浄化されるので、河川の水質汚染防止や悪臭の予防などに貢献できます。
  • 便層・浄化槽を撤去するので跡地を別の目的で有効活用することが出来ます。

下水切替工事の流れ